更新が遅くなりましたね

ちょっと、読み続けていただいている方

ご心配をおかけしております


今回の面接は、失敗だったのか?

ちょっと、振り返ってみましょう


まずは、型どおりのご挨拶から

ここは、ニコッと笑顔でできたのではないでしょうか

最初は、自己紹介も兼ねた志望動機です

これは、もう想定内

コレができなければ問題外、転職する資格すらありません

事前に準備した内容を間違えないようにお話しするだけです


その後は、社長からの質問です

自分のやってきた仕事の内容や具体的な事例を聞かれました

コレも当然、想定内です

緊張はしていましたが、それほど問題もなく答えられました

最後は、笑いもとれて何とか話もはずんだ様子

突っ込みを入れられて困るような質問もなく

。。。どちらかというと

やってきた仕事の内容や、何人部下がいて

どういった指導をしてきたのか

何より聞きたそうだったのが、この会社に入って何がしたいのかということじゃないでしょうか


正直、それはこっちが聞きたいよと思いましたが

答えは準備してあります

というか、考えておかねばならないと思います

だって、その会社が何を目標に置いているのか

社是だったり、スローガンだったり

わからなければ、その会社にお邪魔した時に書いてありますでしょ

そういったこと見ておくんです


事務所や応接室、階段や掲示板

ヒントは至る所にあります

ホームページを見られましたか?

会社案内の冒頭の挨拶は読まれましたか?


さぁヒントはココにあります

このくらいの準備はしておきましょう

案外、喜ばれたりするのですよ


これで、質問も終わり

具体的な、話へ移行するのかと思ったのですが・・・

つづく