リストラにあうこと、職がなくなること

これを家族に話すことは大変難しいことですよね


簡単に職が見つかると、考えてみえる方は少ないと思います

特に子供にとっては、この状況がどういうことなのか

理解できていないと思います


それでも、収入の道が断たれるということが何なのか

それが自分たちにどのように反映されるのか

それほど、深くは考えていないのかもしれませんが

それでも、何も考えていないとは言えないでしょう


想像力も乏しいのは、経験値が少ないから仕方がないのですが

子供達なりに考えた結論です




tennotegami


これは息子がクリスマスに私達夫婦にくれた手紙と

お守りです

中に入っていたのは、彼の蓄えの一部です


musume


娘がくれたもの

手紙と一緒に添えられていたお守りです


クリスマスの日に、子供達が準備した

両親へのプレゼント


子供達が何を思って、何が必要なのか

よく理解しているってことでしょう


子供にそんな話をするなとか

いろんな意見があるかもしれませんが

これが現実であること

もしかしたら、何もかもなくなってしまうかもしれないこと


家族って、養っているつもりでいても

実は支えられているんだって思えます


この記事を書いているパソコンの前に

いつも置いてあるのです




昨日、家に帰ったら

至る所に豆が落ちていました

節分ですから、当たり前の光景ですが

それにしても異様に多いので聞いてみました

『これってどうしたの?』って

すると、妻が

子供が、私に福が来るように一生懸命蒔いてくれたそうです

きっと、来ますね♪

 カテゴリ