来春の採用枠を「減らす」という大企業が増えているそうです

その反面、安定的な人材確保の観点から

前年に引続き高水準の採用を計画している企業も多いとのこと


というニュースがありましたが

離職率の高い企業であれば

採用枠を減らしても、自然減が多ければ採用せざるを得ませんよね


私も経験がありますが

営業として採用した20名ほどが

1年後には数名しか残っていない


そんな時代もありました

今でこそ、そんなことも減ったと思いますが。。。


自信ありませんね

そんなに簡単に企業の体質が変わるものでもないでしょうから


多くの方が、感じてると思いますが

ほんの数ヶ月・・・

いえいえ、ほんの1〜2ヵ月で情勢はかなり変化しました


今これから、職探しされる方

焦っているとは思いますが

こればかりは仕方がありません

悲観的にならずに、じっくり取り組んでください




人気ブログランキングへ 続きへ行く前にココをクリックしてね
昨日の話しに繋がってくるんですが

今現在、焦ったところで仕方ありません

とりあえず、数を打てば当るつもりで取り組んだ方がいいでしょうね

10件申し込んで1件も面接がないなんてこともあるかと思います

その度ごとに一喜一憂しても仕方ありませんから


どんと構えて


気楽に待ちましょう


もちろん、これは自分に対しても言えるんですが(笑)




製造関連のことで聞いたことを書いておきます

5月くらいをめどに

生産調整も完了しそうなので

それ以降、徐々に稼動していくのではないか

とのことです


それまでに体力のない企業は淘汰され

残った所だけでギリギリの生産がされるんじゃないかってことです


現在の状況がそのまま続けば

それも楽観視できないと思うのですが

そうであるのならば

夏以降に少しづつ安定に向かっていくのかな〜?

だったらいいな

と思ってますがどうでしょう(笑)

上向きとは言ってませんのでね


どちらにしろ、まずはワークシェアリングを元に戻したりとかありますんで

雇用の創出は、まだまだ先のことになりそうです




う〜ん、厳しいですね

いろんな意味で、あらゆる件を模索していかなければいけないと思います


余力があるなら

方向転換もありでしょうね




人気ブログランキングへ  最後にポチっと
 カテゴリ
 タグ