トヨタ自動車が現行のプリウスの最低価格を190万円に設定するみたいですね

新型の発売と同時に価格を設定するみたいですが

いよいよ、ハイブリッドカーも低価格の様相を呈してきました

こうやって、ライバルが現れれば

流石のトヨタ自動車も、価格を下げざるをえませんね

常に切磋琢磨していかなければ

この状況は、なかなか打開できないかもしれません


それにしても、他国のことながら

AIGの所業は、目に余るものがあります

オバマ大統領が怒るのも当たり前というか

かの国の上層の方々の考え方が如実に現れた結果ですね


まぁ、お金を出してもらいに行くのに

自家用ジェットで飛んでいくような国ですから

仕方ないのかもしれません


それにしても、この期に及んで

そんな国のご機嫌伺いをしなければならないこの国って・・・


さて前回の続きは↓

人気ブログランキングへ 続きへ行く前にココをクリックしてね
さて、何故パートの社会保険なのか?

大手企業の中でも、副業をすることを認めはじめましたね

当然のように、家族がいる方のなかでは

共働きなんて多いんじゃないでしょうか

それは何故でしょう?


家庭の生活を支えるのに必要な収入が目減りしたからです

私も同様に、今回のリストラによって今まで以上の収入を得るのはかなり難しいのではないかと思っています

当然ですが、そのような状況でなければ

今頃、幾つもの企業から内定をたくさん貰っていることでしょう


上を見れば、確かにあるのかもしれませんが

そこまでの選択が可能かどうか

この状況では怪しいものです

ならば最悪のシナリオを準備しておかなければなりません


私の就職が難航することです


この不況がいつまで続くかわかりませんが

それほど早く上向くとも思えません

ならば、イチバン出費のなかで考えねばならないことがいくつかあります

衣食住

衣については、どのようにでもなるでしょう

食もなんとかなりそうです

住は、ローンがありますのでこの分は支払い続けねばなりません


そして、生活を支える最低限の保険

社会保険

この制度、管理する側とか色々問題がありますが

なかなかの制度だと思います

何といっても医療費の負担は3割で済むわけです


私についていえば、健康保険の任意継続していけば国民健康保険に加入するよりも負担が増えるとはいってもかなりかなり少額ですみます(家族の分も含めても)

しかし、これは健康保険だけであって年金の加入が別途必要になってきます

こちらは、厚生年金から国民年金に変更になるので月々14,660円の負担ですね

私ひとりなら・・・

これまでは、会社の負担と併せて妻の分だけというわけではありませんでしたが

これからは、その倍必要になってまいります

そして生活を支えてもらう為にも、今まで以上に働いてもらうとなると

年収で130万という金額は、はるかに超えてしまうことになります


次回、具体的な数字を妻が出してきてもらったので

その数字を見ながらお話をしていきたいと思います


人気ブログランキングへ  最後にポチっと