雇用保険給付 の係りに呼ばれるまで約2時間

呼ばれてからは、失業給付の振込先の確認があります

手持ちの通帳を提示しながら失業給付までの説明を受けることになります


私がいただいたのは

『受給資格者のしおり』

『基本手当の支給の流れ』

こちらを見ながらの説明になります


倒産・解雇・定年・期間満了・その他やむを得ない理由による退職であるならば待期7日を過ぎればすぐに失業保険を給付できるようなイメージですが少し違います

まず、求職申込に行った日以後から7日後が支給対象期間の始期になります

求職申込4週間後が認定日となりますので

最初の失業給付は21日分が対象ということになるわけですね

わかりますか?


人気ブログランキングへ 次の手続きへ行く前にココをクリックしてね




では実際の日付で考えてみましょう


4/1を求職申込の日とすると(ハローワークへ手続きに行った日)

4/7までが待期7日間となります(支給されない期間)

4/8〜4/28が支給対象期間になり(21日分)

4/29が認定日となります

そして、1週間後くらいに失業給付が振り込まれることになるわけですね

流れとしてはこんな感じですが

この間にハローワークの説明会があります

この説明会はまた後ほど


この支給の流れの説明を受けましたら次に行く窓口は

『 職業相談 』

になります

ここでは、ハローワークへの登録内容の確認と

ハローワークカード

をもらいます

希望条件とか希望職種なんかを再確認されるんですが、私は厳しいですよと釘をさされました

・・・なんか追い打ちをかけられた感じですが


ハローワークカードに求職番号が印字されてます

これでインターネットから検索した時に登録者にしか開示されない情報を見ることができます

現状は、それほど期待したものでもありませんが・・・


これで、ハローワークでの最初の手続きが終わりです

というか始まりですか^^


では次回は、説明会へ行きたいと思います


人気ブログランキングへ  最後にポチっと
 カテゴリ